お金を借りたい|どこで借りるのが良いの?

お金を借りたいと思ったら?

給料日まで後1週間。どうしてもお金が足りなくて、借りたいなというときもありますよね。これは別に特別なことではなくて、普通に生活をしていても急な出費が重なり、給料日まで持たないということは良くあることです。

そんな時、どこからお金を借りたら良いのでしょうか?知り合いからお金を借りるという方法もありますが、「自分がお金を借りた」ということが周りに知られてしまう可能性がありますよね。

お金の話になるとシビアになる人も多く、どんなに親しい中でもお金だけは絶対に貸さないという人もいます。中にはそれが原因で友人関係に亀裂が入ってしまうことも。

そこで気になるのが、クレジットカード会社や消費者金融のキャッシングとカードローンです。自動車ローンや住宅ローンに比べ気軽に利用できる反面、利息が高めに設定されているので良く理解して利用しましょう。


お金を借りるため専用のカード

ショッピングに使えるクレジットカードでもお金を借りることができます。「キャッシング限度額」とか「カードローン限度額」となっているのがそれです。

またクレジットカードがなくてもお金を借りることはできます。それが「お金を借りるための専用カード」です。これをキャッシングカードやローンカードといって、ショッピングでは使えないのですが、これがあれば限度額の範囲内でいつでもお金を借りることができます。

手続き後にカードが送られてくるのですが、カードが届く前に指定をした自分の口座に振り込んでもらうこともできます。例えば月曜日に申し込みをして審査を通過、口座への振込みをしてもらえば週末遊びに行くお金を確保することができるというわけです。範囲内であれば何度でもお金を借りることができるので、いざという時にすごく便利です。

メリットとデメリット

お金を借りたいという人は、できるだけ早めに手続きを終わらせてお金を借りることができるようにしたい人がほとんどです。分かりやすくいうと「切羽詰っている」いることが多いということです。

急な出費に対応できなくなったり、気がついたらお金がなくなっていたり。人によって理由は様々ですが、急いでお金が欲しいかと言って、安易に手続きを進めてはいけません。というのも、どの方法でお金を借りたとしても、「利息」が発生するからです。

例えば銀行系の場合、金利は比較的低いのですがその分、審査が厳しいです。ただ銀行ということもあり、借りたり返済をしたりといった利便性にはとても優れています。できるだけ安くお金を借りたいなら金利が低いところですが、審査に通らなくては意味がありません。

また、中にはキャンペーンを実施していて、設定をしている返済期間内にお金を返すことが出来るなら金利がかからないといったところもあります。1週間だったり30日間だったりと期間は様々ですが、期間内にお金を返済することができるなら、少しくらい金利が高くても、キャンペーンを利用するのも1つの方法です。

また、お金を借りても早めに返すことが出来るなら、少し金利が高くてもお金を借りている期間は短いのでトータル的に返済する金額は少なくなります。逆に長期間に渡ってお金を借りたいという場合は、金利が低いところを選んだ方が良いです。

ただその場合は、金利が高いところに比べ、申し込みをするときに必要な書類が多くなるのが普通です。そうなると、申し込みに手間取ってしまうこともあるので、「今すぐお金を借りたい!」という人には煩わしさを感じるかもしれません。どの場合でもメリットとデメリットがあるので、時間がないからといって慌てたり焦ったりせず、じっくりと検討をするようにしましょう。

深夜でも手続きができる

口座からの引き落としがあるのに残高不足で足りないということも良くありますよね。そんな時は、深夜でも申し込み手続きができるところがおすすめですね。

24時間電話対応をしているところもありますし、インターネットから簡単に申し込みをすることもできます。キャッシングでもカードローンでも口座に直接入金をしてもらう方法があるので、引き落としに間に合わないという場合にはとても助かります。

限度額の範囲内であれば何度でもお金を借りることができるので、いざという時のことを考えても1枚持っていると安心です。予定外の出費というのは意外と多いもの。サラリーマンともなれば付き合いで出掛けることもありますし、自分がある程度の地位についているとなると、それ相応に身だしなみを整えたり後輩にご飯をご馳走したりすることもあるでしょう。

そういった時に「お金が無い」という恥ずかしい思いをしてしまわないように、一番賢い方法でキャッシングやカードローンを利用しやりくりしたいものです。もちろん、借りすぎには要注意ですよ。


更新情報